みらいチャレンジ社のベンチャー投資(エンジェル投資)~弁護士が投資をする理由~

みらいチャレンジ社のベンチャーキャピタル事業

弊社が経営しているみらいチャレンジ社では、ベンチャーキャピタル事業をしています。
会社として、可能性のあるスタートアップ・ベンチャーに出資をしたり、また、代表の中野秀俊は、シード段階の企業にエンジェル投資したりしています。

このような話をすると、「なんで、弁護士がベンチャー投資?」という反応が返って来ることが多いので、今回は、弁護士が、「ベンチャー投資をするようになったのか」をお話します。

マネーの虎の影響を受けて

代表の中野秀俊は、弁護士をする前に、システム開発やウェブサービスを作る会社を起業していました。
「マネーの虎」というテレビ番組が大流行したのはIT企業を起ち上げて、軌道に乗り始めた頃です。

「マネーの虎」とは事業に出資してほしい志願者が、偉そうな社長さん達にフルボッコにされた挙句に、「ノーマネーでフィニッシュです」となるあの番組です。

漠然ですが、IT企業で事業が軌道に乗ったら、「虎」になりたい!という気持ちが芽生えてきたのを覚えています。(結局、このIT企業は、失敗したので、虎になれなかったのですが…)

システム開発会社の起業経験

代表の中野秀俊が、起業した当時は大学生1年でした。
そのときに、一番が困ったのが、「資金調達」です。

当時は、株式会社を設立するのに、最低1000万円の資本金が必要(有限会社でも、300万円の資本金が必要)で、会社を立ち上げるのも一苦労な時代でした。

現在のように、インターネットでのクラウドファンディングのような仕組みもなく、個人で資金を集めるのが、非常に難しい時代でした。
もちろん、銀行は、資産もない若造に、お金は貸してくれません。

そんな状況の中、当時の中野青年は、お金になりそうなアルバイトを片っ端からやりました。
キャバクラのボーイ、治験(新薬の人体実験)、ラブホテルの清掃のアルバイトは、人間の器を広げてくれた気がしますが、資金集めるのに、とても時間がかかりました。

「会社の起ち上げ時期に、迅速に資金調達できれば、もっと早く事業が始められたのに…。」そんな思いが今でも残っています。

そのような体験があったので、今事業を行っている可能性のあるスタートアップ・ベンチャー起業を支援したいという思いが込み上げてきたのです。

面白い企業・経営者と出会う機会になる

実際にベンチャー投資、エンジェル投資をするようになると、恐らく、紛争処理がメインの従来の弁護士業だけをやっていたら、出会えなかったであろうビジネスや経営者と出会うことが出来るのです。

特に成長可能性がある、面白い企業と出会えるようになったのですが、これが、本当に楽しいのです。
「こんなビジネスモデル良く思いつきましたなぁ。」と思うような事業に出会う事もありますし、魅力的な経営者に出会えたときは、話していて、とても楽しいです。

そんな時に、VC事業・エンジェル投資事業をやってよかったと思います。

クライアント企業と一緒に成長できるという醍醐味

みらいチャレンジ社では、投資した企業に対して、様々な支援をしています。
投資して終わりというわけではないのです。

・人材紹介
・資金調達
・人材が欲しい
・海外進出したい

このような課題に対して、できる限り、応えていきます!

投資後もこのように投資先企業と関わることで、投資先企業と一緒に成長できるのは、本当にやりがいがあります!

ベンチャー投資・エンジェル投資をこれからも続けます!

このように面白い事業をやっている経営者とともに、微力ながらも事業に関われるのは、楽しい事なのです。
そんなベンチャー投資・エンジェル投資を今後も続けます!

これからもみらいチャレンジ社として、成長可能性のある企業を応援していきます!

Pocket