上場前から上場後までしっかりサポート!みらいチャレンジ社が提供するスタートアップIPO支援事業

みらいチャレンジ社では、法律面のサポートだけではなく、スタートアップのIPO支援事業を行っています。

みらいチャレンジ社は法律事務所が母体ですが、法律面のサポートのみのIPO支援ではありません!
専門家集団としてスタートアップ・ベンチャー企業の企業経営の悩みを解決します。

今回はみらいチャレンジ社がどのようなスタートアップ・ベンチャー企業のIPO支援事業を行なっているか紹介いたします。

IPOするかどうか検証する

スタートアップ・ベンチャー企業にとって、IPOだけがゴールではありません。
特に現在は、IPOしなくても、クラウドファンディングなどの手法など、資金調達する手段が多様化しています。

そもそも上場しないという選択肢もありますし、自己資本のみで行う場合もあります。
銀行融資などでの資金調達するという手段もあります。M&Aという場合もあるでしょう。

みらいチャレンジ社は、銀行融資支援やM&Aなどの実績も豊富です。

クライアントに対して、様々な資金調達手段のメリットやデメリットを説明することで、クライアント企業のゴール、目標を明確にしていきます。

ロードマップの作成

相談の結果、IPOしたいと思ったら、上場までの手順を具体的に計画していきます。
「いつまでに、何をやる」という明確なロードマップを作成することにより、具体的に何をするべきかが明確になります。

まずは下記3点を決めていきます。

1.いつ上場するのか
2.上場直前期はいつか
3.今なにをするべきか

どこに上場するのかアドバイスを行う

「上場」したいと思ったら、どこに上場するのかということも決めておかなければなりません。

スタートアップ・ベンチャー企業に向けの市場としては、「ジャスダック」や「マザーズ」の新興市場や、「東京プロマーケット」という新しくできた市場があります。

IPOする目的に合わせて、会社にとってどの市場に上場するのが良いかアドバイスをしていきます!

内部体制を整え、財務戦略を練るための専門家集め

次に必要なことは、上場のために必要な専門家集めです。

上場するあたっては、弁護士や会計士・税理士などの専門家の力が必要です。また、監査法人や証券会社なども、メンバーに入れ、会社の内部体制を整え、財務上の計画を練ります。

このような上場のために必要な専門家集めも、弊社で対応いたします。どの専門家も、IPOを熟知したスペシャリストなので、IPOに向けて万全の準備を整えることができます。

大事な上場直前期をしっかりサポートします!

IPOにおいては、上場直前期がとても重要です。内部体制に漏れはないか、上場に必要な売上・利益を満たすことはできるか、売り出し価格の決定や、証券会社との打ち合わせなど、やることが、たくさんあります

経営陣は、これらの準備を通常の会社の運営を行いながらやりきる必要があります。

みらいチャレンジ社は、多忙な上場直前期から上場まで確実に駆け上がるために、具体的にすることを明確化、都度ご提示していき、サポートいたします。

晴れて上場したその後は…

このように、大変な道のりを経て、晴れて上場となります。

弊社が支援したクライアントが上場という目標を達成できたときは、感無量です。
社長が上場の鐘を鳴らすのをみると、冗談ではなく本当に泣きそうになります。

しかし、経営は終わるわけではなく、上場は一つの通過点に過ぎません。

上場すると、急激に周りの環境が変化します。調達した資金で新規事業をする場合や、もっと上の市場を目指す場合もあります。

みらいチャレンジ社は、上場した後も、継続的に支援を続けていきますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

Pocket