ベトナムで人材不足も解消!? みらいチャレンジ社のユニークな人材採用事業

みらいチャレンジ社の人材採用事業

現在、日本では様々な業界で人材不足となっており、特に中小・ベンチャー企業、中でもIT企業の人材不足の問題は深刻です。

弊社のクライアントにはIT企業が多いため、みらいチャレンジ社では人材採用支援事業に力を入れています。
様々な人材採用支援事業を行っていますが、ユニークな人材採用支援事業について今日は紹介していきます。

ユニークな人材採用事業

深刻な人材不足の解決策として、みらいチャレンジ社では国内ではなく海外に目を向けて優秀な人材を採用するプログラムがあります。

ここで先にお伝えしたいのが、「海外人材の採用方法には少し注意が必要」ということです。
日本企業の従来の海外人材のインターンシップや採用方法となると、現地のエージェントなどを通す分どうしても余計な時間がかかってしまうのです。

日本のみならずらず世界規模で優秀な人材が不足している時代ですから、採用までに時間がかかってしまうと、その間に海外の企業にどんどん優秀な人材を採用されてしまいます。

アメリカや中国の企業は、直接現地に赴き現地の学生と面接し、そのまま採用してしまうのです。

だったら日本の企業経営者も同じようにしたらいい!ということで弊社ではアセアン各国の現地理工系大学と提携し、日本語教育を受けた人材の雇用を促進していくプログラムを組みASEANでの面接採用ツアーを実施しています。

また、今後日本の市場が縮小していく中で、海外展開をしたいと考える日本企業は多く出てくることでしょう。海外の人を採用するというのは、自社の海外展開の足がかりにもなります。

海外人材の「可能性」

弊社も実際にシンガポール法人であるSAMURAI INNOVATION PTE.Ltdを設立しており、自分たちが海外進出して経験したからこそ分かったことがあります。

海外、特にASEAN地域には日本人がまだまだ知らない「可能性」が眠っています。

もしクライアント企業の課題を日本国内で解決できない場合は、海外にその解決策を求める。
そんな取り組みを「みらいチャレンジ社」では行っています。

ベトナムでの面接・採用ツアー

ベトナムという国の魅力

ベトナムは日本に比べて圧倒的に若者が多く、実際にベトナムに行くと若者の多さに驚かされます。それは平均年齢にも現れており、日本の平均年齢が46歳のところベトナムの平均年齢は27歳となっています。

またベトナムは親日国で、日本で働きたいと思っている学生が非常に多いです。実際に在日外国人のうちベトナム人は2番目に多く、数字にも表れています。

ホーチミン工業大学

前回ツアーは、ホーチミン工業大学(HUTECH)でした。ホーチミン工業大学は日本でいう東京工業大学のような理系の総合大学で、非常に優秀な学校です。

ホーチミン工業大学は日本語を全学年必須科目としており、日本人教師による会話練習とベトナム教師による文法教育を行っています。学生全員が N3 レベルの日本語能力の習得を目標としています。また日本文化の学習も行っているため、日本で即戦力になる教育を受けています。

インターンシップ

ホーチミン工業大学では3年次に行うインターンシップが、ベトナム大学として初めてインターンシッププログラムとして学生の単位取得に認められました。そのため、短期間で卒業し日本企業で活躍できる人材を育成することが可能です。

そのため、3年生と面接をし、いいなと思った生徒にその場でオファーを出すこともできます。まずは、インターンという形で、日本で就業してもらいます。

インターンの期間は仕事振りやコミュニケーション能力を確認できるため、会社にとって非常に有用な期間だと考えております。

また、インターンとして学生を迎えた際のビザなどの行政上の手続きは、弊社グループがサポートさせていただきますのでご安心ください。

正式な採用

インターン期間を経て、正式に採用をしたいという人材がいれば、大学卒業後そのまま社員として雇用することができます。

海外展開を考えている会社にとって海外で人材採用するということは自社の海外展開にとってプラスに働きます。

実際にベトナム人を採用した企業はベトナム進出を具体的に進めており、その担当者に採用したベトナム人を据えています。

優秀な人は、世界中から採用する!

日本では、人不足が叫ばれています。
経営者の中には、人がいないと嘆いている人がたくさんいます。

しかし、世界には、優秀な人がたくさんいます。

世界から優秀な人を採用していく!そんな事業を弊社はやっていきます!

Pocket